D-TEG

ソリューション

運送/法人事業者の方

トラック会社のコスト削減と運転者の安全運転のためには、D-tegのドライブレコーダーが有効です。特に運行解析ソフトウェアを利用して、決められた経路を経済速度で運転していることについてのレポートを分析し、運転者一人一人の運行習慣を把握して、ドライバーの経済運転教育を実施することはトラック会社、荷主とドライバーの両者に効果があります。

法人車両の場合にも、会社のコスト削減と運転者の安全運転のためには、D-tegのドライブレコーダーが有効です。事故時の映像判読のためだけの製品ではなく、事故防止システムとして活用することができますので、システムを導入して、事故予防教育を実施することをお勧めします。

2カメラ対応ドライブレコーダーシステム構成

2カメラ対応ドライブレコーダーシステム構成 TX2100 前方撮影 DTR150IR 室内撮影 ジャンクションボックス 車両電源 車両信号 アラームIN・OUT

4カメラ対応ドライブレコーダーシステム構成

4カメラ対応ドライブレコーダーシステム構成

運行情報シート

  • POINT 01

    運行情報を読み込みグラフ表示可能

  • POINT 02

    読み込んだ運行情報を運転情報シートで出力可能

  • ①運行情報グラフ表示

  • ②運行情報シート出力

  •  

ビュアー/コンフィグツール

  • POINT 01

    最大8チャンネルのカメラ映像を表示することが可能です。

  • POINT 02

    GPSを利用した位置情報、速度、時間を始め、内蔵Gセンサー及びアラームの入力情報を同時にグラフ表示することが可能です。

  • POINT 03

    記録された位置情報をGoogle Mapに重ね合わせて、走行軌跡を表示することが可能です。

  • POINT 04

    コンフィグツールで、ドライブレコーダー本体の各種設定を行います。

  • ①ビュアー基本画面

  • ②位置情報・グラフ表示

  • ③コンフィグツール基本画面

デモ動画(2カメラ)

デモ動画(4カメラ)